ニュース

大阪府吹田市で警察官が拳銃を奪われ、犯人が逃亡中

6月16日朝、大阪府吹田市の千里山交番前で、26歳の男性警官が
胸を刺されている状態で発見されました。

何者かによって刺され、空砲1発、実弾4発の入った拳銃が
奪われました。

大阪府吹田市で警察官の拳銃を奪った人物は?

現在警察からの発表では、30代男性で、身長170~180cmくらい、
深緑色のジャンパーを来ているとのことです。

しかし、これに関しては、あまり犯人に特徴がなく、
犯人の確実な手がかりとしては、乏しいです。

大阪府吹田市で警察官から奪われた拳銃の種類は?

大阪府吹田市で警察官から奪われた拳銃の種類は、
警察に導入されているニューナンブM60というリボルバー銃です。

ニューナンブM60は、新中央工業によって、製造された
国産のリボルバー拳銃で、スミス&ウェッソン社のM36ベースで開発されています。

口径は9ミリ、装弾数は5発で、アクションはシングル、ダブルアクション両用
銃身長さは、二種類あり、51mm,77mmの2つです。

現在は、新中央工業ではなく、ミネベアミツミで製造されています。

警察官襲撃対策で新型のホルスターを導入途中だった。

FNNプライムから引用

交番襲撃で、警察官から拳銃が奪われてしまう事件が相次ぎ、
警察庁は、拳銃強奪対策として、5億円の費用をかけ、導入している最中でした。

2020年の東京オリンピックの際に海外の犯罪集団が押し寄せる可能性もあり、
それの対策として実施されたものでした。

以前は革製のものを使用していましたが、硬質プラスチック製の物に
切り替わります。

しかし、新型ホルスターに変わり、警察官の襲撃対策になるかというと、
そうでもなく、警察官が、新型ホルスターになり、防刃ベストを来ていても、
目や首、集団リンチを受けてしまうと結局拳銃は、奪われてしまいます。

関係者からは、正直今回の導入はあまり意味がなく、
警察官が襲われないようにするには、銃を構えながら、行動するか、
複数人で対応するしかないとのことです。

大阪府吹田市では、警察官を襲った犯人が逃亡中で特別警戒へ

大阪府吹田市の千里山交番の周辺は、バス乗り場があり、
マンションが多く建っています。

阪急千里線の千里山駅東口の交番です。

拳銃を持った犯人の動機や目的がわからないので、
奪われた拳銃の弾は4発としても、
一般市民が町中でいきなり銃撃される可能性もあります。

その拳銃を利用して、また交番襲撃や警察官の拳銃を奪う
可能性もあり、警察は厳戒態勢で捜査しています。

大阪府吹田市で警察官を襲った犯人は、どんな罪になる?

大阪府吹田市で警察官を襲った犯人は、まず刃物でさしていることから、強盗殺人未遂が適用されます。警察官が死亡した場合は、強盗殺人に切り替わります。

拳銃を奪ったことで、銃刀法違反も+されます。
警察官を襲った強盗殺人未遂のため、無期懲役または死刑、になる可能性が高いです。
銃刀法違反は、不法所持で1年以上10年以下の懲役になります。

今回拳銃には弾が装填されているため、最低でも懲役3年から10年以下になります。

大阪府吹田市以外にも、全国で相次ぐ、交番襲撃事件

2018年6月 奥田交番襲撃事件

2018年6月には、富山市久方町の奥田交番にて、稲泉健一警部補が、
刃物でさされ、拳銃を奪われました。

拳銃を奪った犯人は、近くの市立奥田小学校に向かい、
小学校の警備員として働いていた警備員の中村信一さんを
拳銃で発砲、左肩を撃たれ緊急搬送されました。

犯人は、学校の敷地内にいる所を発見され、
警察官が発砲、殺人未遂で逮捕されました。

犯人は、富山県立山町在住の島津慧大容疑者です。
その後、稲泉警部補と中村信一さんは、死亡が確認されました。

その時、拳銃を奪われる重大な事件から、
管官房長官が記者会見を開く騒ぎとなっています。

2018年9月 東仙台交番 襲撃事件

現金を拾ったという、元東北学院大学生の相沢悠太容疑者を見張り室という所で、
清野裕彰警部補(以前は巡査であり死亡で二階級特進)応対していた所、
相沢容疑者が、清野警部補を包丁で刺殺した。

相沢容疑者と清野警部補が争う声が聞こえたため、
確認しにいくと、血まみれの清野警部補が倒れていた。

相沢容疑者も刃渡り30cmの包丁とモデルガンを手に持ったまま倒れていたが、
立ち上がり巡査部長の方へ向かってきたため、相沢容疑者へ警告と威嚇射撃を実施、
それでも向かってきたため、2発発砲し、1発命中しました。

相沢容疑者は、拳銃で撃たれて死亡し、巡査部長が撃った弾が、
肺に命中し死亡しました。

清野警部補は、刃物によるケガで死亡しました。
脇腹を刺されたものの、刃の長さが長かったため、
心臓まで達するケガでした。

大阪府吹田市 警察官拳銃を奪われる事件まとめ

・犯人は警察官を刺し、拳銃を奪って逃亡中
・犯人は30代男性で、身長は170~180cmくらい 
深緑色のジャンパー着用
・奪われた拳銃はニューナンブM60
・新型のホルスターの導入最中だった。
・以前にも交番襲撃事件があり、拳銃を奪われている。