女優・アイドル

登戸通り魔事件の犯人、岩崎隆一の顔と自宅が判明

2019年5月28日の午前7時50分頃に発生した登戸通り魔事件は、
犯人が死亡するという最悪の事件となりました。

犯人が死亡してしまったため、なぜ犯行に及んだのか、
犯行動機を知ることなく、犯人の「逃げ得」状態になってしまいました。

犯人だけ勝手に死んでおけよ!といったコメントがネットでは、
多数寄せられています。

登戸通り魔事件 概要

 28日午前7時40分ごろ、川崎市多摩区登戸(のぼりと)新町の路上で、私立「カリタス小学校」のスクールバスを待っていた児童らが、刃物を持った男に襲われた。同小の児童17人と近くにいた成人男女2人の計19人が刺されるなどし、同小6年の栗林華子さん(11)=東京都多摩市=と、別の児童の保護者で外務省職員の小山(おやま)智史さん(39)=東京都世田谷区=が死亡、保護者とみられる40代女性と女児2人の計3人が重傷を負った。残る児童14人(女児13人、男児1人)もけがをした。

 110番で駆けつけた神奈川県警の警察官が男を確保したが、自分の首を刺しており病院で死亡した。柳刃包丁2本(刃渡り約30センチ)が落ちており、男のものとみられるリュックサックの中にもシャツに包まれた包丁2本が入っていた。県警によると、男は川崎市麻生区、岩崎隆一容疑者(51)で、計画的に児童らを狙ったとみて殺人容疑で調べる。

 県警によると、児童らが襲われたのはスクールバス乗り場周辺で、その近くには交差点がある。岩崎容疑者は交差点付近で小山さんや40代女性を襲撃した後、乗り場前で並んでいた児童らに襲いかかったとされ、県警は、目撃証言や防犯カメラの映像などから、一連の襲撃は十数秒の間に実行されたとみている。小山さんや40代女性は子どもの見送りのため付近にいたという。

 死亡した2人が運ばれた日本医科大武蔵小杉病院(川崎市中原区)によると、2人は既に心肺停止の状態で、栗林さんは午前10時半ごろ、小山さんは午前11時半ごろに死亡が確認された。栗林さんは首を切られ、小山さんは首や背中の4カ所に刺された傷があった。

 同日夕に記者会見したカリタス小によると、スクールバスは小田急線・JR線登戸駅から約1.5キロ離れた同小まで計8便を運行しており、6便目のバスを待っていた児童らが被害に遭った。乗り場にいた同小の倭文覚(しとり・さとる)教頭らによると、児童らがバスに乗り込んでいる時、列の後方から叫び声が聞こえ、岩崎容疑者が無言で両手に持った包丁を振りかざしながらバスの方に走ってきた。運転手がバスを降り「何をやっているんだ」と言うと、岩崎容疑者はその場で自分の首のあたりを刺し、倒れ込んだという。

 神奈川県私学振興課によると、カリタス小学校(内藤貞子校長)は1963年に設立された。カトリック教育を重視し、系列幼稚園や中学校、高校がある。昨年度の児童数は647人(男子63人、女子584人) 毎日新聞より引用

登戸通り魔事件 被害者

事件当初では、重傷者はいるものの、死亡者は出ていなかったのですが、
事件発生後数時間で、犠牲者が出てしまいました。

犠牲者は、11歳の小学6年生の栗林華子さんと、
39歳、外務省職員の小山智史さんの二人、
その他重軽傷17人です。

いずれも刺身包丁で、子供の頭頸部、いわゆる首など
刃物による被害が大きい箇所を狙われています。

使用した刃物は、刺身包丁ということから、
かなり殺意があったことが伺えます。

生前小山さんは、外務省でミャンマー語の専門家として活躍していました。
今回、自身のお子さんを送り届けた後に被害にあったようです。

登戸通り魔事件 犯人逮捕時の動画が流出

自殺を図った直後に、複数の警官によって取り押さえられています。
現場は、かなり騒然としており、被害者が地面に倒れているのが確認できます。

登戸通り魔事件 犯人の岩崎隆一の顔と自宅が判明

現在の情報では、ネットでは中学生時代のアルバムしか出ていません。

自宅は、麻生区多摩美の一軒家です。

事件前の岩崎隆一の家の様子を近隣住民が伝えています。

365日雨戸がしまっており、親族と共に引きこもっていた。

顔を合わせても挨拶すらしなかったそうです。

登戸通り魔事件 犯人について中学生時代の同級生が証言

中学生時代の同級生が、岩崎隆一容疑者について証言しました。

子供の頃から、問題が多かったようです。

  • 鉛筆で友達を刺したことがある
  • 頻繁に暴れる問題児であった
  • 性格はキレやすく暴れていた
  • 同級生からはいじられるような存在であった

とのことです。

中学卒業後からは、どのような生活をしていたのか、わからず、
高校にいったのかもわからない状況です。

登戸通り魔事件 犯人岩崎隆一の生い立ち

川崎市多摩区で28日に起きた無差別殺傷事件。犯行後に自らを刺して死んだ岩崎隆一容疑者(51)は、川崎市麻生区の住宅街の一軒家で高齢の伯父夫婦と3人暮らしだったという。近所とトラブルを起こすこともあったようだ。

「伸びた葉っぱが当たった」。隣家の40代女性は、約1年前、岩崎容疑者からこう怒鳴られたという。岩崎容疑者は午前6時ごろに女性宅のインターホンを何度も鳴らしたうえ、「庭の木の葉がフェンスから飛び出し、道を歩いていた自分に当たった」と言ってきた。対応した女性の夫との口論は約30分間にも及び、女性は「いつか何かされるかも」と恐怖を感じていたという。

岩崎容疑者は、小学校入学前後に伯父夫婦に引き取られてきたといい、近隣住民には「複雑な境遇で育った子」として知られていた。幼少期を知る男性は「まだあどけないのに、かわいそうだなと思っていた」と話す。ただ、「他人の家に勝手に入り込み、金魚鉢をのぞくような変わった子だった」とも明かす。

近隣住民によると、10代後半で家を出たが、近年、また家に戻っていたという。近くに住む主婦は、事件の数日前に1人で買い物から帰ってくる姿を目撃した。「すっかり白髪が増えて、猫背でうつむきながら歩いていた」と話す。別の男性は「まさかこんな事件を起こすとは…」と驚きを隠せない様子だった。 産経新聞

 

実際の両親が亡くなってしまったのか、離婚なのか、
事実はわかりませんが、本当の家族に愛を受けず成長してしまった感じがします。

高齢の叔父夫婦も、取材にたいして、
今自宅に居るのか居ないのかわからないという感じの発言をしていることから、

岩崎隆一容疑者に対して特に関心もないように思います。

登戸通り魔事件 ネットの反応は?

 

https://twitter.com/yuji675look/status/1133210425430929410

といったようなコメントが寄せられています。

小学生をわざわざ狙う必要もないですし、

無関係の男性に恨みもない、当日その場に居ただけでしょう。

今後何らかの事実が解明されていくのも祈るばかりです。