ニュース

常磐道あおり運転の現場検証でまさかの事故発生!

ニュースで話題になっている常磐道あおり運転ですが、
本日、警察によって高速道路を閉鎖し、被害者の男性立ち会いのもと
行われました。

しかし、現場検証してる最中に反対車線で事故が発生し、
警察もまた現場検証、封鎖することになり大忙しとなりました。

常磐道あおり運転の現場検証で事故発生

常磐道あおり運転で宮崎文夫容疑者と喜本奈津子容疑者で逮捕されました。
ニュースでも大きく取り上げられ、8月31日の午前9時から11時まで、
柏インターチェンジから、谷和原インターチェンジの8.3kmを2時間に渡って高速道路を封鎖し、現場検証をしていました。

封鎖されていない反対車線で、現場検証を見ようと野次馬が発生し、
急ブレーキした車に後ろの車両が追突し、
弾かれた車両が真ん中を走行していた2トントラックの右前方に
接触し事故が発生しました。

ちょうど、土曜日ということもあり、家族連れやサンデードライバーが多く
事故に繋がった可能性が高いです。

常磐道あおり運転の現場検証で、取材のヘリや野次馬が多数

世間の注目している常磐道あおり運転ですが、
常磐道を見渡せる橋の上にはギャラリーが多数おり、
さらには各局のTVの実況のヘリが多数飛んでいるため、騒音レベルだそうです。

現場検証することになった常磐道あおり運転とは?

宮崎文夫容疑者がディーラーの試乗車を乗り回し、各地であおり運転を行い、
常磐道であおり運転の末、24歳の男性の乗る車を高速道路に停めさせ、
5回に及び暴行を加えた事件です。

その際、喜本奈津子容疑者がガラケーでその様子を撮影していました。
ネットで話題になると、自分勝手な運転に国民が憤怒し、
早期逮捕を期待していました。

警察があおり運転と暴行事件で捜査を開始しましたが、車を停めていた
マンションには姿を表さず、ニュースで放映されていたため、
それをやばいと思ったのか二人で逃亡していました。

その後、逃亡していた宮崎文夫容疑者と喜本容疑者は、公開指名手配となり、
大阪の自己所有のマンションから出てきた所を確保されました。

今年2月に出会系で、宮崎文夫容疑者と喜本容疑者は、出会っており、
喜本容疑者は、宮崎文夫容疑者の資産があり、顔が好みだったようです。

宮崎文夫容疑者は、喜本容疑者に出会う前に母をなくしており、
年上の女性を求めていたのかもしれません。

以前にも知人の女性やタクシー運転手を監禁したことでも
逮捕されており、その際にも大声で叫ぶなど抵抗をしていました。

常磐道あおり運転の犯人 宮崎文夫容疑者の過去

宮崎文夫容疑者は、祖父が会計事務所を経営、
7階建てのマンションを所有するなど、家庭は裕福でお金にも困っておらず、
大阪の名門、府立天王寺高校に進学しました。

学生時代は、あまり目立たない生徒であり、友人もあまり
いなかったようです。

卒業後は、年収2000万円と言われるキーエンスに就職したり、会計事務所など
勤務先を転々とするものの、長続きしませんでした。

結局、祖父が残した不動産収入で暮らしており、不動産経営会社という
肩書を持ちながらも、遊んでばかりでした。

ポルシェなどの高級車を乗り回し、常磐道あおり運転の前にも、
事故を起こしたりとあおり運転を行っていました。

祖父が残した資産で遊んだ上に犯罪を起こす、ボンボンの問題児だったようです。
監禁事件を起こしてからは、常に誰かに追われているなど、強迫観念を持っており、
マスクに帽子、サングラスといった身元がバレないような格好で、
夜もサングラスを掛けるなど明らかに異常です。

薬物中毒者か統合失調症のような症状が現れています。

常磐道あおり運転のような事件は?

2017年6月に東名高速道路上で、石橋和歩容疑者が追い越し車線に、
家族の乗ったミニバンをあおり運転の末、停止させトラックが追突、
夫妻を死亡させたとして、懲役18年が言い渡されています。

石橋和歩容疑者もパーキングエリアに変な停め方をし、事故を起こさせたり、
あおり運転を常習的に行っていました。

21歳からの免許取得から、交通違反7回と事故を4回もしており、
石橋和歩容疑者を知ってる人からは、あまり喋らないが、
助手席に女性を載せていると運転が荒くなるといった、
宮崎文夫容疑者に通ずるものがありました。

石橋和歩容疑者は、子供の頃から、頻繁にいじめにあっており、
あまり喋らず目立たない子だったようです。

いじめられたせいなのか、自分より弱く見える存在に対して、
かなり強気な態度を取っており、その攻撃性の裏には、
長年いじめられた弱い自分を隠そうとしている石橋和歩容疑者がいました。

いじめられていた石橋和歩容疑者は、フライデーの取材で、
顔を油性マジックで落書きされたり、モヒカンにされたりと、
20代を超えてからもいじめを受けていたようです。

常磐道あおり運転の現場検証で事故

・現場検証で反対車線が事故で二車線封鎖。
・現場は野次馬や取材のヘリで騒動に。
・あおり運転の容疑者には、女性がいると強気になる共通点がある。